akio

社長メッセージ

代表取締役社長の森田晃生です。

バブル経済崩壊後の失われた20年とも揶揄された時期に、多くの日系企業が新天地を求め海を渡りました。 アベノミクスにより国内の景気が上向いていると言われる現在も、引き続き数多くの日本人経営者が海外に活路を見出しています。

成熟しているが故に閉鎖感の否めない日本の市場から海外へ目を向けた際、限りない可能性と同時に多くの不安がつきまといます。 近年ではチャイナ・リスクを避けるリスクマネジメントとして、成長著しいアセアン地域が大きな注目を浴びています

アセアン地域における日本企業の拠点となる国タイでは、長年に渡り多くの企業が進出を果たし、世界有数の日本人コミュニティを築いています。 大使館へ在留届を提出している邦人は6万人を超え(2014年時点)、実際には10万人を超える日本人が生活していると言われています。

もともと親日的な国民性に加え、近年の日本食ブーム、さらには訪日の際の観光ビザが不要になった事で、タイ人の日本への関心は高まっています。

海外への進出をお考えのオーナー様にとって、バンコクは大変魅力的な市場であるものの、日本とは異なる慣習や言葉が障壁となり、進出を躊躇されている方も多いのではないでしょうか。

我々ディープルではタイでの経験豊富な日本人スタッフが、タイ進出の際のお手伝い、日本とアセアンの架け橋となれるよう様々な商品の輸出入などを行っております。

みなさまの夢を実現するためのお手伝いを出来る事が我々の喜びです

代表  森田 晃生

PAGE TOP ▲ new WOW().init();